ニュース2019-02-08T03:24:11+00:00

7月 2020

8月末まで無料「関連商品オートメーション」サービスと「楽天スマートフォン&アプリリニューアルに伴う禁止HTMLタグチェック&修正ツール」リリース

7月 21st, 2020|

TENKI-JAPANは、「関連商品オートメーション」サービスをリリースしました。 7月28日の楽天市場スマートフォン&アプリのデザインアップデートに伴い、iframeで更新するのではなく商品ページ内で表示ができる「関連商品」表示を8月末まで無料で提供いたします。 本サービスの特徴は、TENKI-JAPANの独自のアルゴリズムによる売上分析を毎日行い、売れている関連商品、アクセスを増やしたい関連商品といったロジックを入れて、関連商品表示を商品ページ毎に行うことが可能となっております。またそれらを追加する箇所は各商品ページ内にある「商品詳細」になり、楽天市場の公式スマートフォン用商品ページガイドブックにおいても転換率(CVR)とアクセスに関わる重要な場所とされており、多くの店舗においてもコピーやデザイン強化されている箇所に挿入いたします。 そのため、本サービスは以下の店鋪の方々にとって、最適です。 ・商品数が多いが、色々な商品の提案がうまくできていない ・禁止HTMLタグ以降、どのようなスマートフォンとアプリページデザインにするか迷っている ・禁止タグ対応が間に合わない ・店舗回遊率が悪く、離脱してしまっている ・何が売れていて、何が売れていないか分析ができていない ・新規商品を売るための方法を増やしたい ・アクセスが少ない商品のアクセスを増やしたい 「関連商品オートメーション」システムをひと目見ていただくためには、分かりやすいデモサイトを用意しました。ご確認はこちらからお願いします。※デモはPCブラウザからのみ閲覧できます。SPブラウザからは本記事に遷移します。 ▼デモサイト(PCブラウザからのみ) https://demo.tenki-japan.co.jp/related/ 「関連商品オートメーション」提供するにあたり、同時に7月28日までに対応する禁止HTMLタグのチェックと修正もあわせて同時に実施可能です、そのため、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。 TENKI-JAPANは、今後もECマーケティングテクノロジーを軸に、お客様の収益向上、発展に寄与するサービス提供をするため、努力して参ります。 詳細につきましては、お問い合わせください。

3月 2020

2020/3/3 NHKニュース「AIで藤沢市PR 7カ国語動画」でTENKI-JAPANのAI動画

3月 3rd, 2020|

TENKI-JAPANは、先日発表した藤沢市との観光プロモーションを推進する基本同意書(MOU)を締結して発表した「藤沢市長 AIを活用した7カ国語動画」がNHKニュースで取り上げられました。 ※7カ国語(6ヶ国語 + 日本語) TENKI-JAPANはECマーケティングテクノロジー企業として、EC事業者の成長を助けるサービスを開発・提供しております。今回はEC領域のみならず、観光領域においても弊社の強みとなるマーケティングテクノロジーを駆使して企画して、AI活用のPR動画を制作しました。技術とサービスでもってあらゆるマーケティング課題の解決をして参ります。 今回はきたる5G時代に期待されるリッチコンテンツの先鋒である動画、デジタル広告でも主流となりつつある動画広告など、注目を集める動画コンテンツをどのように面白くしていくのか、TENKI-JAPANはAIテクノロジーを活用して、あらゆる国の言語をネイティブのようにメッセージを送ることを可能にしました。世界中の人たちに届けることができる動画活用を推進してまいります。 藤沢市とはより技術協力し、今後の活動を踏まえて観光だけでなく藤沢市の素敵な街つくりに寄与してまいります。 TENKI-JAPANは、今後もECマーケティングテクノロジーを軸に、お客様の収益向上、発展に寄与するサービス提供をするため、努力して参ります。 詳細及び取材やAIを活用した動画制作・PRに興味のある方は以下よりお問い合わせくださいませ。 [リリースの問い合わせ先] 株式会社天喜ジャパン 東京都品川区上大崎2-15-19 MG目黒駅前 担当:鈴木 contact@tenki-japan.co.jp

2月 2020

TENKI-JAPANは藤沢市とMOU(基本合意書)を締結

2月 19th, 2020|

TENKI-JAPANと藤沢市は、東京2020オリンピックに向けて技術協力のためのMOUを締結しました。日本有数の観光地江ノ島がある藤沢市は、東京2020オリンピック競技であるセーリングの開催地として選ばれ、国内外の多くの方が藤沢市を訪れることが見込まれます。それに伴い東京2020オリンピックの国際スローガンは"Discover Tomorrow~未来(あした)をつかもう~"であり、技術革新に焦点を当てて実験的な試みを行う予定です。 技術革新の精神に基づき、TENKI-JAPANは藤沢市と協力し、テクノロジーを活用した観光客へのおもてなしを最大化する全く新しい体験の創造を実現して参ります。 今回MOUで定めた技術協力のターゲットは以下になります。 ⁃ ARテクノロジー ⁃ VRテクノロジー ⁃ AI(人工知能)テクノロジー そしてその目的として、オリンピックで藤沢市を訪れる観光客に対するおもてなしの向上ならびに継続的な国内外の観光客誘致の促進を目指し、TENKI-JAPANは最大限協力して参ります。 TENKI-JAPAN CEO Alexander Farfurnikのコメント:    「TENKI-JAPANは、eコマースマーケティングテクノロジー企業です。しかし地方活性化を促すeコマースの活用はまだ十分ではありません。我々は日本全国の自治体と協力し、eコマースのあらゆる技術を駆使して地元企業の商品の流通ならびに活性化に本当の意味で協力したいと考えています。」   「そのため、今回のような技術的に革新的なマーケティングソリューションを開発し、藤沢市を支援する機会が得られたことを非常に嬉しく思います。」    [...]

「2019年 年間レポート」機能追加! レポートオートメーションをさらに強化して支援開始

2月 3rd, 2020|

TENKI-JAPANは、先日発表した「レポートオートメーション」サービスに2019年の年間レポート作成機能を追加しました。 楽天市場運営でお困りのお客様、2020年が始まり1月がちょうど終わりました。 1年間の販促計画を新たに立てたり、2019年の振り返りもされている最中と存じます。 当社では先日発表したレポートオートメーション機能がさらにアップデートし2019年楽天レポート機能を新たにリリースしました。 2019年全体の分析&改善レポート機能になります。 今無料でお問い合わせいただいたお客様には、マンスリーだけでなく年報で提出させていただいてます。運用改善は日別の運営施策としています。これを元にお客様と話し合って詳細決定していきます。 年間レポートでは、以下の内容になります。 ※随時アップデートをしておりますので、内容が変更になることがあります。 ■2019サブジャンルTOP10サマリー                                    サブジャンルTOP10サマリーについて                   サブジャンルTOP10売上推移                   サブジャンルTOP10 デイリー売上1位~45位分析                   サブジャンルTOP10 1-6月マンスリーサマリー                   [...]

1月 2020

完全無料「レポートオートメーション&改善提案」サービスリリース

1月 15th, 2020|

TENKI-JAPANは、「レポートオートメーション」サービスをリリースしました。 ※機能アップデート:年間レポート作成も可能になりました。年間レポートについてはこちら。 https://www.tenki-japan.co.jp/news/rakuten-yearly-report/ より多くの楽天市場に出店する店舗に対して、広く貢献するために、限定で無料分析レポートと改善提案までをワンセットにしたサービスを提供して参ります。 今回のサービスを開発するにあたった背景として、楽天市場に出店する店鋪の日々業務の多忙さと分析に関するノウハウが足りないことがあり、多くの問い合わせや相談があったことに起因します。このままいくと、店鋪は忙殺され分析がないままに広告の購入をしてしまい、改善せず運営してしまう危険があります。多くの商機を逃すことを防ぐために、まず一度立ち止まって、客観的な数字を拝見し、専門家による改善提案をさせていただくことで、運用に役立てていただこうと考えました。 そのため、本サービスは以下の店鋪の方々にとって、最適です。 ・日々の運用が忙しくデータ分析ができていない ・データ分析自体の仕方がわからない ・広告を使ってみたが、どのように評価して、改善すればいいかわからない ・スーパーSALEやお買い物マラソン、その他イベントに参加したがどう評価すればいいか困っている ・改善のために自社以外の意見を取り入れてみたい ・社内で報告・共有するための月次のレポートがほしい 可能な限り無料での提供を続けて参りますが、お問い合わせを多くいただいた場合、お待ちいただく可能性がございますが、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。 TENKI-JAPANは、今後もECマーケティングテクノロジーを軸に、お客様の収益向上、発展に寄与するサービス提供をするため、努力して参ります。 詳細につきましてはお問い合わせください。 ※完全無料の分析レポート~改善提案 ※2019年サブジャンルTOP10売上を7-12月でデイリーの評価。

8月 2019

Rakuten OPTIMISM 2019に参加してきました!

8月 1st, 2019|

2019/7/31~2019/8/2までパシフィコ横浜にて開催された「Rakuten OPTIMISM 2019」に当社社員が一同参加しました。 例年通りなら、楽天新春カンファレンスが開催される時期に、今回は一般に開放された無料エリアとカンファレンス同様、戦略共有会が開催される有料エリアに大きく別れていました。 無料エリアでは一般向けということもあって、様々な体験ができるコーナーが特設されていました。 近未来体験エリアうまいもの&いいもの祭りふるさとグルメお買いものパンダエリア楽天トラベル祭りジェダイ・アカデミー 私たちも多くの地方グルメを楽しみました。しかも会場内は楽天ペイ利用となっており、最大55%ポイントバック(ただし上限1,000円まで)をやっていてお得!でした。 食事を楽しむのも束の間、今回の目的も「楽天市場 戦略共有会」であったので、以下概要を記載しておきます。 今回の戦略共有会では、そのほとんどが「物流」に関することであったことが興味深い。ここ数年でも最もインパクトがあったものと言っていいだろう。 概要: 配送ネットワーク「ワンデリバリー」構想。送料無料ラインを3980円以上に設定。 「Rakuten EXPRESS」の配送対象エリアを拡げる。現在人口カバー率は現在約30%から60%まで上げ、2021年には楽天市場で扱う物量の50%をRakuten EXPRESSで配送できるようにする 「楽天スーパーロジスティクス」を現在の6拠点体制から、2020年までに8拠点体制に。 FBAマルチチャネルサービスと楽天の物流・配送サービスの料金比較 ●ポスト投稿サイズ 楽天:248円 FBAマルチチャネルサービス:550円~650円 [...]

あなたの理想のビジネスを最適化するお手伝いを致します!

創造的アイデア、技術革新と真摯な意思決定を通じて

始めましょう!