8月末まで無料「関連商品オートメーション」サービスと「楽天スマートフォン&アプリリニューアルに伴う禁止HTMLタグチェック&修正ツール」リリース

8月末まで無料「関連商品オートメーション」サービスと「楽天スマートフォン&アプリリニューアルに伴う禁止HTMLタグチェック&修正ツール」リリース

TENKI-JAPANは、「関連商品オートメーション」サービスをリリースしました。

7月28日の楽天市場スマートフォン&アプリのデザインアップデートに伴い、iframeで更新するのではなく商品ページ内で表示ができる「関連商品」表示を8月末まで無料で提供いたします。

本サービスの特徴は、TENKI-JAPANの独自のアルゴリズムによる売上分析を毎日行い、売れている関連商品、アクセスを増やしたい関連商品といったロジックを入れて、関連商品表示を商品ページ毎に行うことが可能となっております。またそれらを追加する箇所は各商品ページ内にある「商品詳細」になり、楽天市場の公式スマートフォン用商品ページガイドブックにおいても転換率(CVR)とアクセスに関わる重要な場所とされており、多くの店舗においてもコピーやデザイン強化されている箇所に挿入いたします。

そのため、本サービスは以下の店鋪の方々にとって、最適です。

・商品数が多いが、色々な商品の提案がうまくできていない

・禁止HTMLタグ以降、どのようなスマートフォンとアプリページデザインにするか迷っている

・禁止タグ対応が間に合わない

・店舗回遊率が悪く、離脱してしまっている

・何が売れていて、何が売れていないか分析ができていない

・新規商品を売るための方法を増やしたい

・アクセスが少ない商品のアクセスを増やしたい

「関連商品オートメーション」システムをひと目見ていただくためには、分かりやすいデモサイトを用意しました。ご確認はこちらからお願いします。
※デモはPCブラウザからのみ閲覧できます。SPブラウザからは本記事に遷移します。

楽天関連商品オートメーションデモ

▼デモサイト(PCブラウザからのみ)

https://demo.tenki-japan.co.jp/related/

「関連商品オートメーション」提供するにあたり、同時に7月28日までに対応する禁止HTMLタグのチェックと修正もあわせて同時に実施可能です、そのため、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

TENKI-JAPANは、今後もECマーケティングテクノロジーを軸に、お客様の収益向上、発展に寄与するサービス提供をするため、努力して参ります。

詳細につきましては、お問い合わせください

2020-07-27T03:20:12+00:00